忍者ブログ
ライトノベル・フリーゲームの感想など。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 シリーズ完結!
 この空間の意味と理由がついに明かされる……!


 ……はい、明かされませんでしたorz

 シリーズの最終巻であることは間違いないのですが、誰がなんのためにゲームを仕掛けたのか?という部分はほとんど分からずじまいです。帯や紹介文に解決あるいは事態の収束を思わせることが書いてあったので期待していたのですが、残念でした。そこ削っちゃあダメだろ!!
 ゲームと醜い争いに関しては楽しめたのですが、読むときはオチてないということを念頭に。


 今回の主人公は「ゲーム」に敗北した2組の生徒、中山美鈴。状況を打開する方法としてソフィアが提示した「オンラインゲーム」をすることになるが、そこで謎めいた存在と接触する……!



 どうでもいいのですが、美鈴をメイリンとしか読めない人を見つけてちょっと安心しました。


 理にかなっているようで強引極まりなかった美鈴ではリーダーにはなれませんでしたね。極限の状況、みんながひとつにまとまっているわけでもない状況では、正しいかどうかは問題になりません。愛美のように人心を掌握できればあるいは違ったのかもしれませんが。今回は仕掛けた側の悪意というよりは、美鈴の自業自得という感じだったと思います。

 愛美は腹黒キャラかと思いきや突然百合百合しいキャラになってしまいました。でも恋愛感情にまでハッテンさせる必要はなかったような……。もうちょっと続けば更に深いというか黒いところまで描かれたでしょう。

 上層に行った蒼井典子はちょっとだけ触れて後はスルー。悲しすぎます。前回のラストに衝撃を覚えただけに、たった2ページで片付けられてしまったのは残念です。管理者についても謎だけ残されてますが……彼らもまた何者かに管理されていた? 暴力が御法度だということを知らなかったとは思えないですが、それならどうしてあんな状況になっていたのか? 特定の条件(例えば誰かが上層に来る)が満たされたら殺されてしまう?
 妄想するにも材料が無いのが惜しいです。 



 ゲームは続く。それでも生徒たちは、必ず弾丸ではなく言葉を選択するはずだ。

 エピローグでの文ですが……どうだろう? 僕が1週間後に銃撃戦が始まると思います。人間は汚い醜い。でもそれだけが人間じゃない。しかしもはやこの《宇宙船》は手遅れ……。
 まあ暗い未来しか見えないわけですが、BADENDになっても完結・解決を煽られることがなければよかったです。駆け引きに関しては凄くうまいので、発売中の新シリーズも読んでみようと思います。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
ツカサ
性別:
男性
自己紹介:
【お気に入りキャラ】
シャルロット=デュノア
西行寺幽々子
キュゥべえ
折原臨也
ハザマ

・メールアドレス
 tukasa03bkm※gmail.com  (※→@)
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[01/19 YH]
[08/20 ツカサ]
[08/19 まるとんとん]
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]