忍者ブログ
ライトノベル・フリーゲームの感想など。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 はたして吹雪の雪山から竜児と大河は生きて帰ることができるのか……というお話ではありません。
 

 ところで表紙の亜美の胸が大き(ry

 竜児と実乃梨の関係が一応決着するも、更なる試練が……なお話。
 キャラクターが恋愛のことばかり考えていたせいか、「進路を巡って親と衝突」という展開になるとは思いませんでした。進路相談してる独身(30)は今までになくしっかりしてて、まるで先生のように見えます。


 本心を隠し通してきた亜美が遂に本音を暴露。誰よりも責任を感じていたのは彼女かもしれませんね。でも亜美の行動によって最終的に結果が捻じ曲がった出来事っていうのが僕にはよくわかりません。少なくとも竜児が実乃梨に振られたのは彼女の所為ではないわけですし。
 うーん、竜児が亜美の気持ちにも気づいてあげればいいんですが。最悪の場合、亜美の気持ちはしまわれたまま完結ということもありますね。


 実乃梨「どうしてだよ大河! どうして一言が……たった一言が、素直に言えないんだよ!?」
 この辺のシーンで「お前が言うな」と感じてしまった自分はひねくれ者なのか。今までのことがなければかっこいい奴に見えたかもしれません。ソフト云々より、やっぱり大河へ譲りたい気持ちが強かったんではないでしょうか。


 そして衝撃のラスト。やっちゃんのためのバイトを「嘘をついた」で片付けられればキレても仕方ない?でも竜児が最後に言いすぎだったので6:4で竜児の負け(?)。大河のほうは、母親も案の定な性格でした。
 逃げ出した二人はどこへいくんでしょうか。バイトの給料でネカフェに泊まるしかないような。それでも三日と続けられないと思います。親元に帰ったとしても、二人の抱える問題は解決できるのでしょうか。
 竜児はやっちゃんと話し合う余地はまだ残されているにしても、大河が親と和解するなんてちょっと考えにくいです。
 大事なプロセスをすっ飛ばして逃避行を始めた竜児と大河はどうなるのか。
 そろそろ完結するかもしれない次巻が待ち通しすぎます!


 春田はそのまま幸せになっとくれ。能登は……頑張ってくれ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
竹宮ゆゆこ「とらドラ9!」
「今回はひどくおどろかされた展開だった。竹宮ゆゆこって作家の評価を、私は少し思いちがいしてたのかなって気がしたし、家族を疎外させて...
URL 2008/10/17(Fri)12:11:51
竹宮ゆゆこ「とらドラ9!」
「今回はひどくおどろかされた展開だった。竹宮ゆゆこって作家の評価を、私は少し思いちがいしてたのかなって気がしたし、家族を疎外させて...
URL 2008/10/17(Fri)23:08:50
プロフィール
HN:
ツカサ
性別:
男性
自己紹介:
【お気に入りキャラ】
シャルロット=デュノア
西行寺幽々子
キュゥべえ
折原臨也
ハザマ

・メールアドレス
 tukasa03bkm※gmail.com  (※→@)
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
[01/19 YH]
[08/20 ツカサ]
[08/19 まるとんとん]
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]