忍者ブログ
ライトノベル・フリーゲームの感想など。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 長い! けどおもしろかった!

 二階堂黎人さん著の本作は、四部構成で原稿用紙4000枚超の大長編推理小説です。
 第一部では、独仏国境付近に建つ双子の城「人狼城」のドイツ側に招かれた客が残忍な殺人事件に巻き込まれ、第二部ではフランス側を訪れた社交サロンのメンバーが連続殺人の犠牲となっていきます。
 第三部と第四部でようやく名探偵・二階堂蘭子が登場し、人狼城殺人事件の謎に迫ります!
 事件の裏にはナチスの超兵器が!? 聖槍ロンギヌスが!? 旦那か十三課を呼んだ方がいいのでは!?


 ミステリーの傑作と評されてるので読んでみましたが、なんだか凄い達成感がありますw
 殺人人数が20人超えというのも今まで読んだミステリの中ではなかったです。当然死者が多ければトリックも多く、完結編で蘭子がもったいぶりながら謎解きをしていく場面では脇役と一緒になって驚いてました。
 蘭子シリーズはこれが初読ですが、脇役はいつも「驚きで心臓が止まりそうに」なってるのですかねw 

 ミステリ好き・長編好きな方にオススメの4冊です。

 

  数ある謎の中で、自分が解けたのはゼーンハイムの顔のトリックだけでした。てかなんでそれを見抜いたんだ自分。
  最後の人狼の下りはこれまた賛否がわかれそうな……僕は悪くないと思いますが。あれだけオカルトの説明があって全部ウソでしたっていうと、それはそれで残念ですからね。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
ツカサ
性別:
男性
自己紹介:
【お気に入りキャラ】
シャルロット=デュノア
西行寺幽々子
キュゥべえ
折原臨也
ハザマ

・メールアドレス
 tukasa03bkm※gmail.com  (※→@)
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[01/19 YH]
[08/20 ツカサ]
[08/19 まるとんとん]
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]